太陽光発電のメリット、デメリット

太陽光発電システムは、メリットばかりが目立っていますが

もちろんデメリットや問題点もあります。

 

ただデメリットを施工業者がしっかりと理解していれば、何の問題もありません。

 

どの会社でも「安心工事」「自社施工でまかせて安心」などと謳っておりますが

インターネットや広告、口頭で言うのはとても簡単ですし、いくらでも言えると思います。

そもそも販売施工会社さんがウチは悪質な工事しますよ!なんて言うはずがないと思いますし・・・

 

でも、業者さんの言う安心は何を基準に安心を宣言しているのでしょうか?

説明する営業さんは本当に工事の事を解かっているのでしょうか?

工事をしている施工会社さんはお客様の事を思い施工しているのでしょうか?

 

どれだけの会社が太陽光発電システムの寿命を考え工事や使う材料をこだわり

また設置した後の事を真剣に考えるのでしょうか?

弊社では先ず工事を「勧める」より「知ってもらう」を第一に考えおります。

 

デメリット 1  業者選びで良し悪しが変わる

悪徳業者と言っても色々なケースがあります。

施工費用を相場以上に請求する業者、手抜き工事をする業者、

オーバートークで勧誘する業者と様々です。

最近ですと太陽光の設置工事に関して知識がなく工事ミスとなり

結果的に悪徳業者となってしまうケースもあります。

 

トラブルになりやすい症状

・屋根からパネルがはみ出して設置すると風の抵抗を受けパネルが飛びやすくなります。

・飛んだパネルは近隣の建物や通行人に危害を与える恐れがあります。

・下見をせず設置に至ると載りそうと思っても載らない事があり無理な設置になりかねません。

・影の影響を考えずに設置してしまうと影になった部分はメーカーによってシステム1系統全て

 発電しなくなります。

・システム全体が影になれば発電はしなくなる恐れがあり予想をはるかに下回る発電量になる事も

 あります。

 

事前調査又は立面図+平面図設計なしではパネルレイアウトが明確に取れず目先だけの設計はとてもリスクが高くなります。見た目では3Kwクラスを載せる事を予測できてもいざ工事となった時お客様が注文したパネルが載らない事があります。注文した商品を返品する事も難しい為、強引に載せると大変危険な工事となりかねません。太陽光発電システムの工事は下見が重要です。工事の善し悪しは事前の現場調査で8割方決まると言っても過言ではありません。

 

当社の現場調査では・・・・

 

お客様の屋根に上がり、瓦材、屋根材が図面と同じものが使用されているか確認します。ごく稀に新築時変更されていて図面と異なる場合がありますので目視にて再度確認。こ自宅の屋根材によってパネルを設置する架台が異なるため、屋根材を見ずに太陽光発電システムを設置することは当社ではできません。

 

屋根上で特に注意して見ている所

 

割れた瓦に気づかず工事をしてしまうと雨漏れの原因につながり、たとえ工事業者の責任でなくてもお客様から太陽光システムを付けた後、漏れたと言われれば工事業者の確認不足となります。

 

当社では事前に瓦の不備が無いか又は瓦が割れている場所はないか未然トラブル防止の為にしっかりと現場調査を行い、クラックがある場合必ずお客様に事前報告を必ずさせて頂きます。

 

よくあるトラブル事例として設置後、雨漏りなどがあった際に工事前から割れていたから当社は関係ありませんなど責任逃れのトラブルがりますが、事前調査時に確認しているのであれば当然報告する義務があると当社では考えます。

デメリット2  天候や方角によって発電量が左右される

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを浴びて発電しますので、基本は多くの光を浴びるほど発電量が増えます。陰があればそれだけ発電量は低下し、ソーラーパネル設置角度や方角によっても発電量が左右されます。ですので太陽光を設置する場所の条件によっては発電量が少なくるデメリットがあります。

 

当社では発電量低下を未然に防ぐ為に・・・

 

契約する前に事前に影の影響はでないか、又周りに空き地などが無いか空き地があればマンション等大きな建物を建てる予定が無いかなど影の影響をリサーチします。

 

現場調査前に住宅立面図、平面図のコピーなどをFAX、添付メールなどで送って頂き予めどのくらいパネルを載せる事が出来るかを各メーカー別に設計し発電量などを計算します。

お客様宅の屋根の条件、下地の条件など建て方も住宅会社によって様々ですので一番お客様のお宅にあった太陽光発電メーカーを設計させて頂きご提案しております。

 

メーカーによっては影をバイパスできるメーカーもありお家の条件によってご提案できるメーカーも当社の場合異なります。

 

デメリット3  メンテナンスが不可欠(業者選びがポイント)

ソーラーパネルは燃料などのランニングコストがかからず耐用年数が長いので、ついメンテナンスのことを忘れがちですが実は点検や発電量モニターなどメンテナンスは欠かせない重要ポイントです。

 

ソーラー発電システムに何か故障など不具合があって発電量が落ちても、普段から発電量モニターをチェックしていないと 気付けない可能性もあります。不具合が生じていないか、日頃から発電量をモニターしたり、定期点検を受けることは欠かせません。

 

当社では設置後のアフターメンテナンスも完璧

 

 

■洗浄機を用いたモジュール表面洗浄

お客さま宅へお伺いし屋根上にてモジュール洗浄を行います。

特殊開発の専用機器を使いお客さまの大切な太陽光発電機を洗浄します。通常の雨では流れにくい鳥のフンや油っぽい汚れなどを洗い発電効率低下になる負担を軽減しお客様自身の心配要素も取り除きます。

 

■各種機器点検

 

屋根上のモジュールや架台の取り付け状況、接続箱の内部チェックや配線固定状況等を目視でチェックします。パワーコンディショナなど普段お客様が見ることが少ない箇所でも定期的に点検することは非常に重要です。

 

 

■IVカーブ 発電量計測

 

IVカーブトレーサを使って系統毎の発電量を計測します。モジュール、接続箱、パワーコンディショナの絶縁抵抗の測定やアース配線の接地抵抗測定を行います